50代老化を遅らせるカギは糖化!対策は万全でしょうか?




50代老化を遅らせるカギは糖化対策です。
あなたはしっかり対策してますか?

お元気様です。  自分革命アドバイサーのさっちです。

同じ50代でも、若く見える人老けて見える人いろいろいますよね
この違いを生み出すのが 糖化現象 です

50代老化を遅らせるために必要なのは老化対策



糖化 っていう言葉を聞いたことはありますか?
身体の焦げとも言われています。

糖化は食事などから取った余分な糖質が、体内のたんぱく質などと結びついて 細胞を劣化させる現象 です。

糖化はメイラード反応とも呼ばれています。
メイラード反応(メイラードはんのう、Maillard reaction)とは、
還元糖とアミノ化合物(アミノ酸ペプチドおよびタンパク質
を加熱したときなどに見られる、褐色物質(メラノイジン)
を生み出す反応のこと。褐変反応 (browning reaction) とも呼ばれる。
ウィキペディア

恐ろしいことにこの現象が進むと肌のシワやくすみ・たるみなどとなって現れてきますよ!

血液中に余分な糖分があると、体内のたんぱく質や脂質と結びついて AGE 糖化最終生成物を作り出してしまいます。
AGEが増えると、ホットケーキがこんがりときれいな発色になるみたいに、あなたの肌も綺麗な褐色に変化してしまい、気が付くとシミだらけの肌になってしまうことも!

糖とタンパク質が結びつくと、タンパク質は全く違った物質に変化して、柔らかいもっちり肌とはサヨナラ
肌を作るタンパク質が糖化によって違った物質に変化すると…
肌は硬くなり弾力を失ってしまいます 。

糖化現象によって肌のハリを保つコラーゲン繊維が破壊されると、肌は弾力を失ってしまい、シワが目立つようになってきます。
また、糖化によって生み出された廃棄物は、細胞の皮膚の細胞に沈着するとシミやくすみとなって肌の透明感が失われます

どうですか!

糖化って美容の大敵 ですよね~~怖いですね~~
糖化最終物質の AGE は体で作られるだけではなく、知らず知らずのうちに 食べ物からも取っているんです!

 

 

 

50代女性!老化のスピードを食事で変えてみましょう


いくつになっても肌や髪がつやつやしてエネルギッシュな人がいる。
また一方では、歳とともに体型が崩れてシワやシミが多くなり、少しくたびれた雰囲気の人もいる。

見た目の老けた!老けない!は毎日の食べ物に大きく影響されるそうです。

老ける食べ物ワースト3をご紹介しますね。

この食べ物には美容の大敵AEGが沢山含まれています。

  1. カリカリベーコン
  2. フライドポテト
  3. カルボナーラ

あなたの好きなものばかりではありませんか?

私はフライドポテトが大好きなんです。
困ったなあ~~肌がくすんできちゃう
食べちゃダメなのはタンパク質とブドウ糖を同時に高温調理してこんがりと焼き色が付いた食品だそうです


AGE は高熱で加熱すればするほど増える ので、揚げ物にすると AGE が最も増えます。
揚げ物が好きな私にはショックな情報です…トホホ

お肉でもステーキよりはしゃぶしゃぶの方が AGE は少なめですよ~~
焼肉も甘めのタレをつけると AGE が多くなるので、塩コショウがおすすめです。

スイーツはどうなのかしら?

こんがり焼かれたパンケーキは AGE がかなり高いので、焼いていない ぶんだけAGE が少ないレアチーズケーキの方がおすすめです。

糖化現象を抑えて老化を防ぐ食べ物



急激に血糖を上げると糖化は進行しやすくなります。

ブドウ糖の血糖上昇率を100とした場合の血糖値の上昇する割合を数値化したものを GI 値と言います。
この GI 値の数字が低い食品ほど血糖値が上がりにくく、老化を防ぐのにおすすめの食材です。

 

☆ 主食

GI 値が低いもの
パスタ・おかゆ玄米

GI 値が高いもの
食パン・フランスパン・精白米・お餅・おうどん

さっち
きゃ~~私の好きな フランスパンにおうどんがGI 値が高いだなんて

☆ 野菜類

GI 値が低いもの
玉ねぎ・トマト・大根・ブロッコリー・きゅうり・レタス・ もやし

GI 値が高いもの
じゃがいも・ 人参

☆ 魚・魚介加工品

GI 値が高いもの
マグロ・カツオ・そば・いわし・イカ・あさり

☆ 肉類

GI 値が低いもの
牛肉(ロース ・ヒレ・モモ・サーロイン)豚肉・鶏肉

GI 値が中ぐらいのもの
牛肉(レバー)焼き豚

老化を遅らせるためには、カロリーが高いか低いか?というよりも 、GI 値が高いか?低いか?ということに気をつけることが大切です。

若返りの食べ物の一番のおすすめは鶏肉です

鶏肉は、糖化を強力に抑えることができる物質を含んでいます。

羽を動かして空を飛び続ける鳥!
パワーが持続するということは、老化しないからですね~~
鶏肉に含まれるビタミン B 6は体の中でタンパク質と糖質が合成し硬化することをブロックしたり、AGE が発生するのを初期から押さえてくれる強い力があります。

ビタミン B 6 若返りのビタミン とも呼ばれているんですよ

タンパク質の代謝に欠かせないビタミンB6

食事からとるタンパク質は、いったんアミノ酸に分解されて、人体に必要なかたちで再合成されます。そこで一部のアミノ酸を体内で作るのに必要なのがビタミンB6で、タンパク質を多量に摂取する人ほどビタミンB6の必要量が増えることになります。ビタミンB6は、皮膚、髪の毛、歯を健康にし、成長を促進する作用があり、免疫機能を維持するのに必須です。不足すると、皮膚炎、口内炎、湿疹や蕁麻疹などの症状があらわれ、アレルギー症状が出やすくなります。また、月経前後にあらわれるイライラや気分の落ち込みなどの女性特有の症状はホルモンバランスの崩れ。ビタミンB6はそんな症状も緩和します。

ビタミンB6を多く含む食品かつお・まぐろ・牛レバー・さんま・バナナ

ビタミン講座

普段からできる老化予防

食品以外に糖化を予防する方法は 食事の順番 です。

あなたはいつも何から食べ始めますか?
まずはご飯を一口なんてやってませんか?

これはお勧めではありません

主食のパンや ご飯を食べる前に食物繊維が豊富な野菜やタンパク質を含む肉や魚を食べるのが基本 です
ダイエットのためにもお野菜やお肉でお腹をいっぱいにして、 最後に主食のパンやご飯を食べる 。という食事の順番がお勧めです。

この努力が10年後20年後に美しいあなたを作る秘訣です。

さっち
私も最近、順番を意識するようになりました。
そうそう,緑茶のカテキンは、 AGE を下げる効果があるので食事の時にはとるようにしています。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
50代からの人生楽しみましよう。

こちらの記事もお勧めです




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です